極める
スーパータダライズを中折れ男が極めた話   >   インド産が多い治療薬事情

インド産が多い治療薬事情

インド産

スーパータダライズは、インドの製薬会社Sunrise Remedies(サンライズメディーズ)社が開発、販売するジェネリック薬品になります。バイアグラのジェネリックで有名なカマグラゴールドもインドの製薬会社Ajanta Pharma (アジャンタ・ファーマ)開発・販売です。
ほとんどのジェネリック薬品の発送国や開発会社をみてみると分かるのですが、ほとんどがインド産になります。

また、インドの特許出願受理件数は過去10年で大幅上昇しており、2012年には10年前の3.8倍となっているように数字にも大きく表れているようです。どうしてこれほどインド生まれのジェネリック薬が多いのか気になりませんか?下記を読み進めていくと、どうしてインド産なの?という疑問を解決できると思います。

どうしてED治療薬のジェネリック薬品や早漏遅漏薬のジェネリック薬品がインドの製薬会社からおおく作られているかというと、それはインドの特別な特許の法律があるからです。
基本、新薬が開発・販売がされてから20年あまりの間は、その新薬が市場を独占して他のジェネリック薬品を作ることは特許により禁止されております。

特許には製法特許と成分特許の2つがあります。名称のとおり同じ製法で作ってはいけないですということと、同じ成分を使ってはいけないですということです。この特許と言う制度はほとんどの国にあるため、他の製薬会社が製法も成分も同じ治療薬をつくることは禁止されています。

しかし、インドだけ成分特許というものがありません。製法特許はありますので、同じ製法は禁止されていますが、同じ成分は使ってもいいということになります。そのため、他国ではまだ特許である治療薬を、成分は同じまま製法を変えて合法的に製造することが出来るのです。

Copyright(c) 2017 スーパータダライズを中折れ男が極めた話 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com